第66回都民体育大会・第14回東京都障害者スポーツ大会の開会式に出演致しました。

2013年5月12日(日)に東京体育館で行われた第66回都民体育大会・第14回東京都障害者スポーツ大会の開会式にてスペシャルゲストとして出演致しました。
今回は小島智子With All Star Cheer Leadersとしてアスリート祭に引き続き2度目のパフォーマンスを披露。小島智子は同部開催のトークショーにも参加させて頂きました。
今回は、ロンドンオリンピックを振り返り2016年のリオデジャネイロオリンピックに思いをはせ、そして最後は東京オリンピックをイメージしたパフォーマンスを披露いたしました。開会式参加者約5千人が一体となった声掛け・振付は圧巻でした。

トークショー終了後、出演者の皆様と

名   称:
第66回都民体育大会・第14回東京都障害者スポーツ大会合同開会式
開催場所:
東京体育館(渋谷区千駄ヶ谷1-17-1)
開催日時:
平成25年5月12日(日) 9:30~12:30 合同開会式
主   催:
東京都、公益財団法人東京都体育協会、公益社団法人東京都障害者スポーツ協会

総合司会者:青島 健太氏
オリンピアン:三宅 諒氏(ロンドンオリンピックフェンシング男子フルーレ団体銀メダリスト)
パラリンピアン:土田 和歌子氏(日本人初 夏・冬パラリンピック金メダリスト)
ゲスト:フェアリーズ
テツandトモ
小島智子Withオールスターチアリーダーズ

★第66回都民体育大会・第14回東京都障害者スポーツ大会とは

昭和26年から行われてきた「東京都身体障害者スポーツ大会」と、昭和59年から行われてきた「東京都知的障害者スポーツ大会(東京ゆうあいピック)」を平成12年に統合し、「東京都障害者スポーツ大会」として開催しています。

平成18年度から、一部の個人競技種目に精神障害部門を設け、翌19年度からは、全国大会に先駆けバレーボールを正式種目として実施するなど、「身体」「知的」「精神」の三障害を統合した都内最大規模の障害者スポーツ大会で、全国障害者スポーツ大会の派遣選手選考会を兼ねる大会でもあります。

身体障害部門の個人競技は、障害の種目や程度によって区分され、それぞれの障害区分ごとに競技が行われます。知的障害部門の競技は、個人・団体競技とも、各年齢層に分かれて行われています。

 

【小島智子への依頼について】
各種企業・団体様、教育機関様より、講演や出演の依頼を受け付けております。
小島智子に関するお問い合わせ、各種依頼(取材、講演、イベント出演、ダンスレッスン等)のお問い合わせは
『CONTACT』よりお願い致します。
※お問い合わせの際は、「ご氏名」「所属」を必ずご開示ください。
※お問い合せ内容によっては、回答しかねる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Written by

No Comments Yet.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.